青汁の本当の効果とは?青汁体験談

野菜不足におすすめ青汁

今の青汁はおいしくできている?!

昔は青汁といえばマズイと言うイメージが強かったものですが、最近では美味しい青汁が当たり前になっていて、どの会社も味にこだわって作っています。

美味しくなかったり、飲みにくい青汁は今では消え去っていて、今では美味しい青汁がたくさん売られています。

サントリーの極みの青汁のおいしさ

飲み物で有名なサントリーが青汁を作ったら、極みの青汁というものになって、そのおいしさから「お茶代わりに飲むことができる」と言われていて、1億杯を突破しています。

サントリーの極みの青汁は宇治煎茶と愛知県産抹茶が含まれていて、本当に美味しく飲むことができるので、外出するときにも持って行きやすく、旅行のときにもスティックタイプなので、持ち運びに優れています。

サントリーは青汁にケルセチンと糖を結合させてケルセチンプラスという成分を開発して、青汁に加えることで野菜の力が約120倍にアップすることに成功したのです。

ですから、サントリーの極みの青汁は普通の青汁と比べて、栄養価も素晴らしく、野菜不足にはとても強い味方になるのです。

日頃の食生活で野菜が不足しているな、と思ったら、青汁で野菜不足を補給することができます。

世田谷自然食品の乳酸菌が入った青汁

青汁だけでは物足りないな、と思ったら、世田谷自然食品の乳酸菌が入った青汁がオススメです。

100億個の乳酸菌が入っているので、腸の働きを活発にして、体内を善玉菌で満たすことができて、体にとてもいいのです。

飲みやすさも抜群で、スティックタイプの粉末を水で溶かして飲むだけでいいので、手軽に青汁の良さと乳酸菌を一緒に摂ることができるので、健康のためにとてもいいのです。

栄養たっぷりの大麦若葉と植物性乳酸菌が同時に摂れるのでとっても便利です。

そして、北海道産のクマザサを加えることで、不足しがちな食物繊維がとれるようにしているのです。

美味しく飲めて、食物繊維と乳酸菌が同時に摂れることができるので、とっても効果的ですし、健康のためにとってもいいのです。

抹茶粉末を使ってあるので、まるで抹茶を飲んでいるような感覚で飲むことができるのです。

公開日: